中卒で就職する際には就職支援サイトがおススメ

1.中卒で就職する難しさ

 総務省の調査結果でも中卒の割合は、ここ近年では約17~18%で推移しています。ただこの中には高校中退者も含まれていますが、就職する場合には中卒も高校中退者も最終学歴は中卒となります。しかしほとんど求人が応募資格として高卒以上と記載されているので、中卒で就職を探すことはなかなか難しいのが現実です。
「中卒で就職する際には就職支援サイトがおススメ」の続きを読む…

大学中退者の就職活動での心構えと対策。これさえ読めば大丈夫!

大学中退就職

大学中退のハンデ

大学中退という学歴は、大学卒と比べて結構なハンデになってしまいます。
学歴的には高校卒と変わらないものなので、大学に入った実績があってもそれを認めてもらえません。
ですので就職活動をする場合、学歴ではじかれてしまうことも多いでしょう。
また面接までこぎつけても、中退の説明を必ずといってよいほどしなくてはいけない状況におかれるので、精神的にもきついと感じることもあるでしょう。
ある意味高校卒という学歴より、精神的負荷は多いかもしれません。
「大学中退者の就職活動での心構えと対策。これさえ読めば大丈夫!」の続きを読む…

理系であれば本当に文系よりも就職も有利なのか?理系の就職で大事な自己分析とは?

1.理系であれば本当に文系よりも就職も有利なのか

 理系の場合は文系と違って大学院へ進学して、修士や博士になって就職するのも可能です。むしろ理系の研究開発職に就職する場合などは、修士以上が応募条件では一般的です。また大学院へ進学しなくても理系であれば、学部卒で卒業しても文系よりも就職し易いとも言われています。

 さらに自分の専攻分野でない業種や職種に就職しても、理論的に物事を考えることができる理系は就職も有利だと思われています。しかし理系であれば誰でも、簡単に就職することができかと言えば答えは「ノー」です。やはり理系や文系に関わらず、就職活動で大事なポイントは存在します。

「理系であれば本当に文系よりも就職も有利なのか?理系の就職で大事な自己分析とは?」の続きを読む…

フリーターの就職現状と就職支援をフルに活用する方法

 出版科学研究所の調べで2013年の電子出版を除く書籍や雑誌の推定販売額が1兆6823億円で、2012年よりも3.3%減り9年連続で前年を下回ったことが判明しました。

 書籍などの販売額がピークだったのは1996年の2兆6563億円で、この17年間で約1兆円も減少していることになります。特に減少がひどいのが雑誌で、前年と比べると4.4%減り8972億円で、16年間も連続で前年割れをしています。

 休刊になった雑誌も124冊あり、創刊された雑誌の数も2012年よりも12冊少ない、86冊で過去最低でした。

「フリーターの就職現状と就職支援をフルに活用する方法」の続きを読む…

30代のフリーターが就職を目指すなら!注意すべき3つのポイント

af9970003937l

30-free
 諦めるにはまだ早い!就職氷河期に社会に出た30代フリーターが、正社員として就職するのは確かにハードルが高いものです。フリーターも30代になると、就職できる可能性が低くなるのは否めませんが、いまチャレンジしなければ、マネジメントスキルを要求される中高年になるころには応募できる求人が激減します。諦めてしまう前に、できるだけの努力をしてみましょう。
「30代のフリーターが就職を目指すなら!注意すべき3つのポイント」の続きを読む…