50歳からの転職に求められるものとは一体何か?


 営業目標を絶対達成する」や「絶対達成する部下の育て方」など絶対達成シリーズの著者で、年間に100回以上の講演やセミナーも行っている経営コンサルタントの横山信弘さんが、これまでの仕事を通してデキる人には共通した言葉があるとそれを紹介しています。例えば社員が約2000人の大手学習塾の創業者と取材で会った時に、その創業者が「すごいよね!」とよく相手を称える理由として、成功するためには敵を少なくしないといけないと挙げています。

 もし「そんなことは大したことがない」とか「誰でもできること」とか、相手のことを否定するような物言いをすれば、その本人にしてみればおもしろいはずがありません。何かの形で、仕返しをされる可能性さえあります。それよりも相手のことを褒めれば敵を作らないだけでなく、味方を増やすことにもなるからです。 

「ありがとうございます」という言葉も意外と当たり前のようですが、できていない人が多いと横山信弘さんは指摘しています。大手企業や中堅企業の社員で同世代の中でも早く出世する人は言葉遣いが丁寧で、挨拶やお礼などもきちんとできる人が殆どだと言います。これも当たり前のように感じるかもしれませんが、横山信弘さんが指摘しているくらいですから、実際にできていない人がいかに多いかの裏返しかもしれません。

 50歳からの転職ではこれまでの経験やスキルだけでなく、管理職としてマネジメント力も求められるのが普通です。「すごいよね!」とか「ありがとうございます」とか、誰でも知っているような言葉です。しかしそこには敵を作らないで味方を増やす知恵や、相手に対する感謝の気持ちが表れています。50歳の方に企業が求めるのは部下や従業員を管理する能力ではなく、部下や従業員がいかにやる気を出すかマネジメント力が大事です。

50歳からの転職におすすめの情報サイト
http://xn--50-og4avcyev404b9z4awdy.com/に役に立つサイトのご紹介です。中高年向けの転職ノウハウ満載の情報サイトです。