25歳で転職する理由と転職活動をする時に気をつけたい4つのポイント

25歳の転職事情とは

 一般的に25歳と言えば、入社2~3年となり、企業の中ではようやく職場環境や業務に慣れてきた頃となります。この年齢での転職は有利なのか、不利なのかというと、意外と第二新卒枠として求人が多い年齢ではあるのです。
 また、25歳の就職活動では、就職氷河期に当たった人も多く、しょうがなく現在の会社に就職したものの、リベンジ転職を狙っていた人も多いでしょう。あるいは、家族や友人、社会的な風潮から有名企業に就職した人は、現職では自分がやりたいことが見つからず、ようやく自分の本年に気づいて転職を考える人もいるでしょう。さらに、自分がやりたいことを探すために転職活動する人や、大学で勉強したことを活かせる企業やで働きたいと考える人や、公務員を目指す人などもいるでしょう。

25歳が転職する理由と方向性を定める

 25歳は、転職市場では第二新卒と呼ばれる世代になります。一般的に、第二新卒は新卒で入社したものの3年以内に退職した人を指すようです。実際企業人事が頭を抱える問題として、新卒の中の大卒3割が3年以内に辞めてしまうことがあります。それが丁度、25歳となるようです。この退職理由の多くは、採用時のミスマッチが多いようです。たとえば、業務内容が自分のやりたいことと合わないことや、職場の人間関係の煩わしさ、過酷な勤務体系などが挙げられます。

25歳の転職活動をする時に気をつけたいポイント:

・最初の就活時の気持ちや企業を決めた動機を見つめる
・視野を広く持ち、学校で勉強した事や経験業務だけで転職先を探さない
・転職エージェントに登録して様々な求人をみてみる
・現職業務の長所と短所を書き出して転職軸を絞る

まとめ

 たとえ大企業に就職できたとしても、自分の業務がつまらないと感じたり、やりがいを感じられない場合があります。また、ひたすら、指示されたことだけをこなす単調な業務では飽きてしまうこともあります。これを感じ始めるのが、業務になれた25歳ごろにあたるため、その中の3割は転職してしまうようです。
しかし、実際には25歳の第二新卒と呼ばれる人が退職してから、次の転職先が見つかっていない人や転職に失敗する人も多いと言われています。そして、そのままフリーターやニートになってしまうケースもあるそうです。25歳で転職をする場合には、家族や転職エージェントにも相談すると良いでしょう。一時的な感情で転職を考えるのではなく、現職にいながら長期的なビジョンで転職活動をすることをおすすめします。

20代の転職に役に立つサイト
20代以上の転職情報を配信しているサイトです。転職体験談なども多数掲載。是非、他人の転職体験を参考しながら自分に合う転職プランを立てましょう。