大学中退者の就職活動での心構えと対策。これさえ読めば大丈夫!

大学中退就職

大学中退のハンデ

大学中退という学歴は、大学卒と比べて結構なハンデになってしまいます。
学歴的には高校卒と変わらないものなので、大学に入った実績があってもそれを認めてもらえません。
ですので就職活動をする場合、学歴ではじかれてしまうことも多いでしょう。
また面接までこぎつけても、中退の説明を必ずといってよいほどしなくてはいけない状況におかれるので、精神的にもきついと感じることもあるでしょう。
ある意味高校卒という学歴より、精神的負荷は多いかもしれません。

大学中退者がすべきこと

大学中退者が就職を考える際、いろいろな難問はありますが、まずは就職活動に専念出来る状態を作るのが良いです。
アルバイトをしている人は、この先もフリーターとしてそのままになってしまう可能性があります。
ですので、企業の説明会や面接にいつでも出席できるように、アルバイトを辞めること、もしくは制限しながら就職活動をしていくのが大事です。
びっちりのアルバイトのスケジュールで就職活動をしても、うまくいかないことが多いです。
また働きながらというスタイルはなかなか時間が取れず、面接ですらいけないことにもなりがちです。
アルバイトの収入が減ることにより、生活が不安になるのなら、短期決戦として集中的に就職活動することです。
両方をうまく出来る方もいるかもしれませんが、なるべくリスクを減らしましょう。
安易な考えを捨て、全力で臨みましょう。

大学中退者ならこのサイトがおすすめ


2つの成功事例
sekou2

その他の道

もし仮に現在のアルバイト先の企業が社員登用をしているところでしたら、話はまた変わってくると思います。
現在の仕事が楽しく、社員になれる見込みがあるのでしたら、希望を伝えても良いかもしれません。
企業側も、仕事に慣れている人を採用した方が教育にかかる時間や費用を削ることが出来ますからね。
また、社員登用有の企業をアルバイトから採用してもらうといった手もあります。
正社員として考えているよりかは、ハードルも低くなります。

まとめ

大学中退者は、思っているよりハンデがあります。
出来ることなら、卒業の学歴を取るまで頑張った方が良いとは思いますが、いろいろな事情により難しい人もいることでしょう。
しかしながら、ただ大学卒業と比べてハンデがあるだけですから、進める道はいくらでもあります。
成功している方も多いと聞きます。
卒業までかかる人と比べて自由に使える時間は多いはずですからね。
就職に必要な資格を取る時間も充分にあると思います。
その資格を取っていれば、ハンデは吹き飛ばせるかもしれません。
後は中退者用のセミナー等も開催されているので、そういった情報を集め、就職活動をしても良いと思います。

コメントを残す