働くモチベーションが高くなる仕事探し。

カレーと言えば誰もが好きな定番料理ですが、1月22日がカレーの日とご存知でしょうか?実は1982年1月22日に全国学校栄養士協議会が、全国にある小中学校で一斉にカレー給食を出したことで、1月22日がカレーの日になったそうです。家庭でも外食としても気軽に食べられるカレーですが、チェーン店「壱番屋」でカレーを食べたことがある方も多いと思います。

 その壱番屋が2013年にカレーチェーンの店舗数で、ギネス世界一に認定されたのです。2013年12月末の時点で店舗数が国内に1267店あり、店舗全体の売上高も710億円と業界でのシェアも約80%と独走しています。また国内だけでなく中国や台湾や、アメリカなど海外にも116店を展開しています。

 壱番屋で働く20代の若いスタッフも多いのですが、壱番屋には独自ののれん分け制度があります。これはある一定のスキルを満たせば、オーナーとして独立できる仕組みです。壱番屋の審査を満たせば例え資金がなくても、壱番屋の保証で銀行から融資が受けられるのです。カレーの辛さやご飯の量やトッピングまで、自由に選ぶことができることも壱番屋の人気の秘密かもしれませんが、やはり働くスタッフのモチベーションが高いことも壱番屋が業界一の秘密かもしれません。

 仕事探しをしている20代の方も多いと思いますが、壱番屋のように将来に独立できるとなれば働くモチベーションも高くなります。まして会社が保証してくれて、銀行から融資まで受けられるとなればなお更です。壱番屋だけでなく探せば、良い会社は必ず存在します。もし就職したり転職するのであれば就職や転職を支援してくれる、就職支援サイトや転職支援サービスを上手に利用することです。

コメントを残す